ペットが亡くなったら

大切な家族との別れは悲しみとショックで非常に辛いものです。

 

ご心痛の深さお察しいたします。

しかし悲しみの中ですが、家族様の最後のお役目として

お子様の天国への旅立ちを見届ける必要があります。

 

でも焦る必要はありません。ゆっくりで結構です。

 

安らかに眠れるよう、ありがとうの気持ちを込めて

最期のお別れセレモニーを執り行ってください。

1.臨終後、お体を整えましょう

お体をやさしく整えましょう。

犬や猫の死後硬直は我々の予想より早く進行し、手足から腹部、頭部といった順番で広がっていきます。ご遺体を放置しておくと、前・後肢がつっぱったまま硬直してしまい、棺に収まらなくなる可能性があります。

臨終後は、前・後肢を胸の方へやさしく折り曲げてあげてください。

(硬直がはじまったら無理に折り曲げないでください)

2.お体を清めましょう

毛並みを揃え、まぶたや口を閉じ尻尾を整えておきましょう。

お湯で湿らせた布などで、頭部、顔そして全身をやさしく拭き取ります。 ご遺体から体液が滲み出す場合がありますので、あらかじめシートを敷いて、口や肛門周辺をガーゼで拭き取ってください。また、毛並み、尻尾などをブラシで整えてあげてください。暑い季節は遺体の痛みが早い為、保冷剤やビニール袋に入れた氷をタオルにくるんで腹のあたりにあたるように一緒に入れます。


3.祭壇・納棺の準備

お通夜のために祭壇を作ります。

棺(ダンボール等)の下にビニールを敷き、生前眠っていたときのように安らかなお姿で納棺してあげてください。その上で

・お写真を飾る

・お花やお水、好物を供える

・生前の愛用品を一緒にお棺に入れてあげる

・ローソクを灯し御香や線香をあげる

などを行い、せめて一夜は見守ってあげたいものです。



そして、心が落ち着かれましたら、ご家族様で天国への旅立ちのための次の準備へお進みください。

 

「天国への扉」ペットメモリアル名古屋名東は、それぞれの思いに沿った様々なご要望にお答え出来るよう、精一杯お手伝いさせていただきます。